AGAで悩まないようシャンプーで髪の手入れをする男性

気づいた時にはAGAになっていたってことにならないように事前に髪には気を使いましょう!ちょっと気になりだしたらお手入れをしてあげるとAGAに悩むことがないと思います。こちらではAGA対策についてご紹介していきます。

AGAなど薄毛治療に少量でも効果的な漢方薬について

AGAは男性型脱毛症の略であり、男性ホルモンが過剰に分泌され、頭髪の毛乳頭と呼ばれる部分に作用した結果抜け毛が起こるものです。抜け毛や薄毛は男性の場合AGAが多くを占めていると考えられますが、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスや大量の飲酒や喫煙など様々な要因が重なって起こると考えられています。東洋医学においては、抜け毛の原因は血の不足が原因のもの、気の不足が原因のもの、そして腎の低下によるものに分けて考えています。栄養状態が悪い時は、髪を育てる血が不足している状態と捉えられ、やがてヘアサイクルを短くしてしまい脱毛症へとつながると考えられています。血行が悪ければ髪に栄養が行き渡らず、髪が抜けやすくなるという考え方です。したがって血が原因と考えられる抜け毛に対しては、血を補う働きをする漢方を使用して治療を行います。また、高齢者のみならず20代など若年層にも抜け毛の症状が見られるなど、ストレスが重大な影響を与えている原因のひとつになっています。ストレスにより交感神経が活発化して血行が悪化するほか、生命エネルギーの気が不足した状態であると考えられています。ストレスによって気を消耗し、更にストレスの悪影響が起こる悪循環に陥る場合もあります。ストレスが原因と診断された場合は、気の不足を補う漢方を使った治療を行うことになります。頭髪とホルモンは密接な関係にあることが分かっていますが、漢方の概念においても、生殖を司る腎の生長壮老は髪と強く結びついていると考えられています。腎は臓器の腎臓ではなく、生殖のほか成長や老化を司る機能のことであり、人間本来の免疫力や治癒力が低下していることによっておこる老化現象に関連しています。よって腎が原因と考えられる抜け毛には、腎の働きを補う漢方薬が使用されます。