AGAで悩まないようシャンプーで髪の手入れをする男性

気づいた時にはAGAになっていたってことにならないように事前に髪には気を使いましょう!ちょっと気になりだしたらお手入れをしてあげるとAGAに悩むことがないと思います。こちらではAGA対策についてご紹介していきます。

正常なヘアサイクル比較と休止期の割合が増えるAGA

髪の毛が健康に育っていくためには、正常なヘアサイクルは非常に需要なポイントとなります。つまり、AGAとも呼ばれる男性型脱毛症が原因で髪が抜けていってしまうことには、このヘアサイクルの乱れが大きく関係しているというわけです。正常なヘアサイクルの乱れが生じて髪の成長期間が極端に短くなってしまうと、髪は抜けやすくなり、AGAへとつながっていくことになります。
一般に、正常なヘアサイクルには、十分な長さの成長期があります。人によっても異なりますが、基本的には二年から六年ほどの期間があると言われています。この成長期と呼ばれる期間に、髪は成長を続けていきます。しかし、この正常な人のヘアサイクルと比較してみると、AGAの悩みを抱える人のヘアサイクルにはたいへん大きな違いがあることが分かります。AGAに悩む人の髪の成長期は極端に短くなっているのです。場合によっては、数か月から一年ほどの期間しかなくなってしまうと考えられています。
基本的に言って、髪の成長期の後には退行期と休止期が続いていきます。退行期とは、毛根の収縮が始まり、髪の毛の伸びるペースがゆっくりになる時期のことです。その後に続く休止期とは、髪の毛の成長が完全に止まっている時期のことです。この時期には、髪の毛は抜けるのを待っている状態にあります。後から成長期の髪の毛が生えてきて、休止期の髪の毛を押し上げ、自然と抜けていくというわけです。
このようなヘアサイクルが乱れて成長期が短くなることによって、退行期や休止期の割合は増えることでしょう。そのために、正常なヘアサイクルの場合と比較してみると、髪の毛が容易に抜けたり薄くなったりしていくというわけです。