AGAで悩まないようシャンプーで髪の手入れをする男性

気づいた時にはAGAになっていたってことにならないように事前に髪には気を使いましょう!ちょっと気になりだしたらお手入れをしてあげるとAGAに悩むことがないと思います。こちらではAGA対策についてご紹介していきます。

三大癌治療の一つの抗癌剤や薄毛予防のやり方とAGA

ガン治療の方法には手術療法、化学もしくは薬物療法、放射線療法と言った3種類が在り、これらを総称して三大ガン療法と言われています。
薬物療法と言うのは抗癌剤と言うがん細胞を死滅させる効果、増殖するのを防止する効果を持ちますが、抗癌剤を投与することで様々な副作用が生じる事、そしてその副作用の一つに脱毛症と言った症状が現れるのが特徴です。

尚、抗癌剤のような脱毛症は起きないけれども、そのまま放置していれば全ての毛髪が抜けてしまう恐れが在るのがAGAです。
AGAは強制脱毛ホルモンの働きにより、成長期の期間を短縮させてしまい、本来ならば長く太く伸びるはずの毛髪が途中で抜けてしまうため、毛髪の量が徐々に減り、薄毛の状態を招くというものであり、20代から30代の比較的若い男性に多く発症する脱毛症でもあるのです。

因みに、毛髪と言うのは日中紫外線などを浴びてダメージを受ける部分でもあるのですが、人間には免疫力と言う再生機能が在り、眠っている間にダメージを受けた頭皮環境を修復してくれると言ったメリットが在ります。

しかし、生活習慣が乱れていて、夜更かしをする事が多い場合などでは、頭皮環境が十分回復せずにダメージを受けた状態のまま朝を迎えてしまうと言った事も起きてしまいます。

AGA治療のやり方と言うのは治療薬を処方して、毛周期を正しくし、発毛を促す作用と発毛となった髪の毛が長く太く伸びるための育毛治療、そして生活習慣の改善や頭皮環境を整える目的で、栄養バランスが取れた食事を摂ることが出来るようにするための食生活の改善などを合わせて行う事で、医薬品の効果と人が持つ免疫力や回復力を利用して薄毛を予防もしくは克服することが出来るようになるのです。